BBtips.net
BBtips.net > スキンケア > 化粧品 > ビタミンC美容液の選び方

ビタミンC美容液の選び方

Pocket

美容と言ったらビタミンC!美肌と言ったらビタミンC!というくらい、昔から非常に愛され、化粧水や美容液に使われてきたビタミンC。

 

ですが、どんなビタミンC配合の美容液が良いのかと聞かれると難しいですよね。

そこで、今回はビタミンC配合の美容液を選ぶ時にチェックしておきたい項目をご紹介します!

 

 

1.ビタミンC誘導体とビタミンCの違い

商品の説明のところにどちらか書いてあるとは思いますが、化粧品に配合されているビタミンCは全成分の所に「アスコルビン酸」と書かれています。それ以外のビタミンCは誘導体だと思って間違いありません。

 

ビタミンC誘導体とはビタミンCを油分などで包んだものだと考えれば良いです。つまり、ビタミンCに比べると酸化しづらく分子量としてはビタミンC単体に比べ大きくなります。一方、ビタミンC誘導体に比べビタミンCは小さくなりやすいですが酸化しやすい性質を持っています。

 

ビタミンC誘導体は安定しやすく扱いやすい、ビタミンCは酸化しやすいという特徴がありますので、その上で選ぶ事が大切です。

 

 

2.酸化していないビタミンCを選ぼう!

ビタミンCの色は黄色と思っている方が多いのですが、実は酸化していないビタミンCは、粉末なら白、液体なら透明になります。酸化が進み劣化するに連れて黄色くなり、最後には褐色となります。

 

ビタミンCの良さはその抗酸化作用や酸化還元力ですので、ビタミンC(アスコルビン酸)なら酸化しないような工夫をしている美容液を選ばないとせっかくの魅力が半減してしまいます。

 

 

3.分子量の小さなものを選ぼう!

ビタミンCの分子量は最小で「176.12 g/mol」ですが、ビタミンC誘導体は最小のものでも500程度です。

最近はナノ化技術で分子量が小さいものも出ていますので、お肌の奥に届けるためにも、なるべく小さな分子量のものを選ぶようにしましょう。

 

以上の3点をチェックして、自分に合ったビタミンC美容液を見つけて下さいね。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket